ドリー・ファンク・ラブ

ドリー・ファンク・ラブ

ドリーの、ドリーによる、ドリーのためのダーツブログ

CAMEO x DOLLIS ダーツケース

cameo_Fotor
以前ご紹介した自分が監修させてもらったスティール向けダーツケース。
CAMEO x DOLLIS ダーツケースのサンプルがようやく上がってきました!!
スティール用ということですが、簡単にいうと折りたたみフライト用のダーツケースです。
そこはあまり突っ込まないでください m(_ _)m

折りたたみフライトを使う人なら、もちろんソフトダーツでもOK。
逆にスティールダーツでも成形フライト使う人はまるごと収納はできません。
じゃあスティール向けじゃないじゃないかと言われそうですが、一応スティールバレルに合わせた設計をしてます。
特徴として全長の長いバレルやスティールポイントの長さにも対応。
全体的に少し縦に長い設計になってます(それだけかいっ!)
IMG_8446
コンセプトは「コンパクト」、そしてデザインはダーツっぽくないシンプルデザイン。
仕事のカバンに入っていても違和感のない感じにしました。
IMG_8448
最近は成形フライトを装着したままドロップインできるケースが主流。
そういうケースも便利なんですが折りたたみフライト愛用者にはちょっと大きすぎました。
そこで今回のケースは折りたたみフライト(紙フライト)だからこそのコンパクト収納が可能なケースにしました。
こういうケース、最近はあまり無かったと思います。
IMG_8515
種類はファスナータイプとコンパクトタイプの2種類をご用意。
どちらもフライトをつけたままドロップイン収納できます。
カラビナなど取り付けられる穴orフックも付いてます。


■ファスナータイプ
IMG_8450
ファスナーで開閉するダーツケースです。
フライト収納が3つ、シャフト収納が3本分ついています。
ファスナーで閉じることができるので小物なども入れておけます。
ダーツはフライトをつけたままドロップインできるようになっています。
ポイントの先端が当たる部分も丈夫に作られています。
IMG_8510
似たタイプでよくみるのがユニコーンのこのファスナーケース。
大きさを比較するとこんな感じ。
いかにコンパクトかおわかりいただけるかと思います。


■コンパクトタイプ
IMG_8511
ペンケースタイプのダーツケース。
余計な収納を排除してとことんシンプル化しました。
フタの部分にフライト収納ができるようになっています。
ダーツはドロップインでそのまま収納。
Collage_Fotor
フライトはマジックテープになっているバンドで固定できるようになっています。
このバンドはダーツの長さにあわせて高さを調整可能。


■販売価格(予定)

IMG_8503
【ファスナータイプ】は材質で2つのモデルがあります。
・本革モデル 3,685円(税別)
カラーはヌメ・ブラックの2色、使い込むほどに味がでる本革です!

IMG_8504
・合皮モデル 2,398円(税別)
カラーはブラック、ホワイト、ブラウン、ネイビー、レッド、グリーンの全6色
こちらは合皮ですけどしっとりとやわらかい皮の低価格版、コストパフォーマンスがすごい!

IMG_8506
【コンパクトタイプ】は牛革製なのに低価格! なんと 1.980円(税別)
カラーはブラック、キャメル、ホワイト、ブラウン、ネイビー、レッド の6色です。
すでにケースを持っている方にもサブダーツ用としても気軽に買える価格設定になってます。


Collage_Fotor11

■DOLLISオリジナルモデル
CAMEOさんのご好意でドリズ販売分のケースだけDOLLISロゴ仕様になります。
CAMEO宮澤社長ありがとうございます!!
こちらは店舗販売のみとなってます(発送はいたしません)
DOLLISオリジナルケース。
ファスナータイプが本革ヌメ、本革ブラック、合皮ブラウン、合皮レッド。
コンパクトタイプがキャメル、ブラック、レッド。
初回入荷はどれも数に限りがございますので、発売と同時に欲しいという方はご連絡ください。

DOLLISロゴではなくCAMEOロゴの通常タイプはダーツショップ店頭や通販サイトで5月中に発売予定です。


商品紹介の動画です、2種類のタイプをそれぞれわかりやすく解説しています。
ぜひご覧ください。


ここ最近こういうケースなかったと思うので、ぜひ手にとって見てもらいたいなと思います。
ドリズで実際にサンプルみられます!!
使い勝手の良い(折りたたみフライターにとっては、、)コンパクトなケースになったと思います。
やっぱりCAMEOさんのケース作りは素晴らしいです!!

ケースの名前はまだ決まってません、どんな名前になるのか楽しみ。
それでは販売まであとちょっとですが、よろしくお願いします。

ではでは。

ドリズの4BA変換サービス

222
スティールのバレルをソフトダーツ用にできたらなあ を可能にする
ドリズの新サービス「4BA変換サービス」はスティールバレルをソフトバレルに変換するサービスです。
スティールのポイントを抜いて専用の変換ネジを取り付けることで、スティールバレルが4BAのバレルに生まれ変わります。


だれでも使っているスティールバレルや使わなくなったスティールをソフトダーツ用として使いたいって思うことあるんじゃないでしょうか。
自分も過去にスティールバレルを4BAのソフトバレルに加工してもらった経験があります。
バレルをあずけてから完成までに時間もかかりましたし、結構な料金を払いました。
そして現在ではその加工をしてくれる人がなかなかいなくて、スティールの4BA化は難しい状況でした。
そんなところに業界を震撼させる驚くべきアイテムが。

IMG_8372
このネジ、これがスティールバレルのポイントの穴に装着することで4BA化(ソフトバレル化)するスグレモノ!
ネジは従来のものと違って、チップを取り付けるとユルユルだったり、ボードに刺さるとネジ山がバカになったりすることがほとんどない高品質!!
しかも取り付けはアタッチメントを使うだけで、スティールのポイント交換と同じ要領でできます。

IMG_8369
そのネジを作っている人がこの人。
ZNIQUEの関篤志さん。
関さんはオークションやメルカリでこのネジ販売されてます。
なので誰でも買えます。
ネジのみだと1,500円
専用アタッチメントつきだと2,200円です。
交換には専用のアタッチメントが必要です。
メルカリで「ダーツ コンバーター」で検索すると出てきます。

自分でやろうと思えば、リポイントツールさえ持っていればできます。
ただ関さんの話では、ハンディタイプのツールだとまっすぐに入れるのが難しいため、ネジをダメにしたり、バレルがダメになってしまうケースの報告や相談も来ているそうです。

そんなわけで、ドリズではこの4BA換装作業を専用の工具を使って、確実に交換するサービスを開始しました。
時間も5分程度で終わります。
交換作業を動画にしてみました。


以前は重いバレルは試合で使えなかったですが、現在では重いバレルも使えるようになりました。
ソフトダーツの2団体の規定をみると
PERFECTでは3本の合計が75gまで、JAPANでは1本が25gまでとなっています。

海外のバレルメーカーはバレルは中をくり抜くということを絶対にしないので、中がみっちりつまっていて質量が高いです。
同じ重量でも中をくりぬいているバレルとくり抜いていないバレルでは飛びが違います。
先端は少し短くなりますが、基本的な性能はそこまで変わらないので投げなくても振るだけで飛ぶ。
ということで、スティールのスロー技術でもソフトが投げられる印象を受けました。
(個人的な感想なので個人差はあると思います)
簡単にいうと、インパクトをかけなくても飛ぶ、抜いても飛ぶ。
スティールとソフトの両立を目指している方には、ぜひ試していただきたいなと思います。

また使わなくなったスティールバレルも、ソフトで使ってみたら案外イケちゃうこともあるかもしれません。
これを機にスティールバレルの4BA化を試してみてはいかかでしょうか。

ドリズ4BA変換サービス 1セット 2,500円
※一部の国産メーカーのバレルにつきましてはオプション料金500円発生する場合がございます
・元の重量が23g以下のバレルに限らせていただきます

IMG_8390

ではでは。

NDL84号 寄稿しました

IMG_8312
本日発売なのかな。
NEW DARTS LIFE 最新号。
記事を2つ寄稿しています。

本来は予定していなかったのですが急な依頼があり、大慌てで書きました。
「フィル・テイラーの引退に関して」というとてつもなくハードルの高いテーマを2日間で書いてという結構無茶な依頼 w

ドリー 「なんで自分なんですか?」
NDL編集長「ほかに誰も書く人がいない」
ドリー 「そんな重いテーマを2日で書くのはちょっと、、」
NDL編集長「大丈夫だよ」
ドリー 「確定申告があるので、今回はお断りさせて、、、」
NDL編集長「じゃあ 一週間後でいいです」

こんな流れでフィルの引退について記事を書く羽目に。
しかし、自分がフィルのことを書くなんておこがましすぎる。
何を書いていいかわからず、結局手付かずで一週間が経過。

NDLから店に電話!
NDL編集長「こんにちは、書けましたか?」
ドリー  「実はまったく手をつけてません 汗」
NDL編集長「そうですか、ではもう1つ記事書いてください」
ドリー  「もしかして、、、アニーの?」
NDL編集長「話が早い、ぜひ書いてもらいたいです」
ドリー  「なんで自分なんですか、他にいい人がいると思いますけど」
NDL編集長「急だったからね、、、 明日までに2つとも頼むね」
ガチャ・・・・

フィルの記事でさえまだ手をつけてないのに、もう1つ記事を追加とか w
そして締切は明日だなんて、自分普通にドリズ営業なんですけど、、

そして何よりも、まだ自分にはアニーのショックが大きく残っている状態でしたので、
アニーの追悼記事を書くのはとても辛かったです。



どちらの記事も自分しか書けない、自分らしいものにしようと思って書きました。
アニーに関しては自分がD-CROWNプロだった頃のアニーを主に書きました。
そしてやっぱり自分はスティール寄りの人間ですのでPDC絡みのことも。
たぶん次号でアニーの特集はあると思います。
今回は締切直前だったので、自分が書かせていただきました。

フィルの記事も自分の目線で好きなように書かせていただきました。
それなりに楽しんでいただける記事になったんじゃないかと。
どうだろ。

しかしながらNDLの原稿依頼はいつも急すぎるし、締切直前すぎです w
おかげで執筆能力は少しずつ上がってますけどね。

NDL84号 ぜひご購入のうえ自分が寄稿した記事にも目を通していただければ嬉しいです。

ではでは。
  

    日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

    スティールダーツ考察まとめ




    ギャラリー
    • 久々にバレルの酢漬け
    • 久々にバレルの酢漬け
    • 久々にバレルの酢漬け
    • 久々にバレルの酢漬け
    • 久々にバレルの酢漬け
    • ダーツケース完成
    • ライブドアブログ