ドリー・ファンク・ラブ

ドリー・ファンク・ラブ

ドリーの、ドリーによる、ドリーのためのダーツブログ

コッキング

最近ちょっと更新してないですけど
実は2つほど書きたいことがあって煮詰めてました。

1つは紙フライトについて
もう1つはコッキングについて

この2つなんですけど、上手に文章にできず時間かかってました。
コッキングに関しては、スティールダーツに置いては秘密のベール的な部分。
とても重要なテクニックなので出来ればそっとしておきたい部類の話です。
知られるとみんな上手くなっちゃうからブログに書かないでっていう人もいるくらいです w

まず「コッキング」って何かを簡単に説明しないとですね。
コッキングは簡単にいえば「手首を曲げること」です。
反対に、曲げた手首を伸ばすことを「リリース」と呼びます。
ゴルフや野球では必須とされる技術です。
ようは手首の返しを使うことです。

46
トンカチで釘を打つときって手首を使いますよね。
手首を使わないとトンカチにスピードが乗らないし、うまく釘に当たりません。
誰でも自然に手首の返し(スナップみたいな感じ)を使うかと思います。
その動作をコッキングと呼んでます。


ダーツでも世界トップのスティールダーツァーの多くがコッキングを使ってます。
フィル・テイラーのコッキングわかりますでしょうか。

腕を前に振り出す瞬間、手首が一瞬だけ遅れるんです。
自分はこれを「手首が負けてる」って言うんですけど(齊藤将志がそう言ったんで)
それがコッキングというテクニックです。

国内だとあまりコッキング使う人いないですね。
あまりソフトの試合見ないから知らないだけかな、本当はたくさんいるのかもしれないですね。
最近みた中では座波プロのスローは上手にコッキングしてるなあって思いました。

コッキングはダーツを少ない力で楽に飛ばす、できるだけ同じラインで飛ばすためにとても重要な技術だと思います。

そんなコッキングのことをブログに書くのはいろいろ面倒だなって思ってたんです。
そしたら今朝LINEに齊藤将志からある動画のURLが送られてきたんです。
彼は自分以上に世界トップのスティール技術を研究してるカリスマダーツショップ店員です。
「凄くないですか?」のコメントが気になって早速チェック。

47
2006年ユニコーントーナメントのシングルス決勝最終レグ。
あの松元大奉の試合映像でした。
最近の人は知らないだろうけどこの頃トーナメントで無敵を誇ったダーツプレイヤーです。

彼のスローをみて衝撃を受けました。
なんせバックブローしてるし、コッキングしてるしそのタイミングも完璧でした。

なにこれ!この動画があればコッキングとはなんぞやって説明いらないじゃん。
ってことで大奉くんが投げてるところだけを抜いて編集しました。
コッキングのすべてが凝縮されてます。



まるでPDCプレイヤーみたいです。
ピーター・ライトのスローに似てませんかね。
コッキングだけじゃなくてバックブローを知りたい人にも参考になると思います。

松元大奉、やっぱり凄いって思いました。
コッキングの神ですわ。

そんなわけでコッキングの話をとりあえずしてみました。
自分のスローに取り入れるのは簡単じゃないかもしれません。
別に必要ない技術かもしれないです。
こんなことしてるみたいですよって話ですので
あとはみなさんで試してみるなり、馬鹿にするなりでよろしくです。

さぁ、コッキングを試しにダーツ投げに行きましょう!

To be continued....

ではでは。

先端のひみつ

IMG_3266
今回はバレルの先端の形に関してです。
「ストレートバレルの謎」に続くバレルの形の謎に迫ります。
あくまでスティールダーツでの話です。
ソフトダーツにはまったく参考になりませんのでご了承ください。

スティールバレルの先端の形にはポイントに向けてなだらかになっているものもあれば、
丸まったような先端など先端の形はモデルごとに特徴があります。
(先端といってもポイントのことでなくバレルの一番前部分のことです)
IMG_3277
最近うちの店の一部のマニアで話題になっていたこと。
それは、、、
なんで海外のモデルには先端が丸っこくなってるものが多いんだろう?って疑問。
かっこ悪くないか? ポイントに向かってなだらかになってる方がかっこいいじゃんって。

IMG_3272
気がつけばPDC上位ランカーはフィルを除いてみんな先端が丸い。
それは何故だ??

そしてさらに気付いたことが。
先端が丸いバレルを使っているプレイヤーはみんなリリース後に矢先を上げるウラヌキストばかり。
矢先を上げるプレイヤーがみんなバレルの先端を丸くしているということは、
きっとスタッキングに影響があるんじゃないかということで、今回いろいろ検証してみました。

IMG_3255
スティールダーツの場合、上の写真のように刺さっているダーツのバレル部分に
飛んできたダーツのポイントが当たるとバレルとポイントがくっつくようにグルーピングする
「くっつきスタッキング」が発生します。

43
これはソフトダーツで多くみられる芯抜き(矢があばれない綺麗な飛び)の飛ばし方ではあまり関係ありません。
矢先をあげて、フライトに風を受けさせて、放物線の途中で矢先が落ちてきた力を使う飛ばし方をすることで、
バレルとポイントが当たりやすくなりくっつきスタッキングが発生します。

そしてここからが先が丸いバレルのひみつです。
ポイントがバレルに当たるとくっついてスタッキングするのですが、
もしポイントがバレルの横をかすったり、すり抜けたり、当たらなかったら、、
そんなときに先端が丸いバレルだとそのまますり抜けることなく、
丸い部分がストッパーになって引っかかるということが実験でわかりました。
IMG_3257
写真のようにポイントが当たらなくてもバレルでひっかかる。
これが先端が細くなっていたり、ポイントとの段差があまりないバレル形状だとそのまますり抜けてしまう確率が高いです。
しかし丸みを帯びた先端の場合はその部分がバレルにひっかかりその摩擦で巻き込んでくれるのです。
IMG_3258

繰り返しになりますが、これは矢先をあげたスティールダーツならではの飛ばし方をした場合に有効な形状です。
芯抜きの矢先があばれない綺麗な飛びだとダーツがボードに対して並行に刺さってしまうので、このスタッキングはほとんど起こりません。
そのため矢が並行気味に上から乗せるような飛びのフィルやバーニーのバレルの先端は丸くなっていません。
あくまでボードに刺さっているバレルに対しアンダースタッキング(下から当てる)飛びに対して有効なバレル形状なのです。


このGIF動画はバレルのフライト部分を手で持って、丸み部分でスタッキングするのかどうかの実験をしたものです。
ポイントとバレルだとひっかかりが強すぎて手だと難しいのですが、
先端の丸み部分だと簡単にスタッキングするがわかります、ぜひ丸い先端バレルがあったら実験してみてください。
実際やってみると見事に先端がひっかかってスタッキングするのがわかります、騙されたと思ってやってみてください。

このようにポイントとバレルの間に大きな段差があると、
その部分がフライトに当たって傷みが激しくなるのではと思うかもしれません。
しかしながら矢先をあげる飛びの場合は矢先がおじぎをしながら落ちてくるので、
フライトにカマ掘ることはほとんどありません(わかりづらいかもしれませんが)
ガーウェン、ルイスも先端の形状は丸みのあるものを使っていますが、
20レグ以上投げてグルーピングしまくるこのふたりでも比較的フライトは綺麗です。
26
31

今回の考察まとめ。
世界のトッププレイヤーのモデルに多く見られる、
ストレートバレルの先端が丸いのにはスタッキング率向上の効果を狙ったものだった。
しかも非常に大きな効果がある。
というわけで自分の飛びによってバレルの先端の形状を選択するというのは大切、、かもしれない。
IMG_3287
裏抜き = 先端が丸い形状のバレルでくっつきスタッキング現象の効果を高めてグルーピング
芯抜き = 先端とポイントの段差が少ない形状のバレルでシュート力による突っ込み系グルーピング

あくまで自分が考察した結果です(結果には個人差があります w)
今回の考察はここまで。

言ってしまえば「だからなんなの?」ですが、
こういうことに目を向けてクソ真面目に考察することも
ドリー的にはダーツの楽しみのひとつだと思ってます。

ではでは。

ブローバックインパクト 〜体重移動の謎〜

MVGG
今回は体重移動についてです。
ある動画に対するコメントがきっかけになりここ数週間、体重移動に関して考察してました。
スティールならではの体重移動があるんじゃないかという問題定義です。
そのことに関して今回は情報発信しようと思います、正直かなりマニアックな内容です。
読んでいただいても全員が理解してくれるとは思っていません、覚悟はしております。
そこをわかった上で興味ある方だけおすすみください。

その前にまず体重移動ってなんやねんってところからいきましょう。
これはスティールもソフトも一緒だと思います。

矢に力を伝えるためのタイミングや加速を与えることを「インパクト」と自分は呼んでます。
ゴルフ、テニス、野球でもありますね、球をとらえる瞬間だったり放つ瞬間をインパクトって言います。
インパクトをかけるって言い方したりします。

ダーツも他のスポーツと同じように体重移動をつかって矢に力を伝えます。
大事になってくるのが下半身です。
上半身だけでこのインパクトをかけようとすると、いわゆる手投げになります。
上半身の力だけでバレルを飛ばそうとしても無理が出ますし、力がうまく矢に伝わりません。
矢を飛ばす力で大事なのは下半身で飛ばすってことです。
下半身の体重移動でインパクトをかけます。
これとても大事なことです。

自分のスティールの先生である雨さんこと雨宮清英氏(新高円寺 Hot Space)
その雨さんから最初にならったのもこの体重移動、そしてインパクトでした。

ではどうやって下半身でインパクトをかけるか。
一般的なのは踏み込みです。
野球で球を投げる時も軸足をグッと踏み込みます。
それと同じです。
うまく足の裏で体重移動をして踏み込み、その力を上半身につたえて腕を振ります。


慣れるまでは体全体を大きく揺らして体重移動によってインパクトをかけます。
体重移動を意識的につかめてきたら動きを小さくしていって、
最終的には足の裏だけでできるようになります

これがダーツの体重移動、そしてインパクトです。
多くの人がやっていると思いますが、一応説明させていただきました。

ちなみにこの体重移動。
上手にやるためには、スローラインに立つまでの体重移動も大事になります。
ここを疎かにすると上手に体重移動ができません。
トッププレイヤー達がスローラインにどうやって立つのか。
ルーティーンってやつですね。
そこはみなさんで研究してみてください。
次へ行きましょう。


ここからが本題です。
今まで自分が考えていたインパクト。
それはボードへ向かう力、、前方向に力を乗せるための体重移動でした。
スティールでも、ソフトでも同じように前へ。
ということを大事にしていました。


ところがその考えが動画に対するコメントを発端に、
スティールはもしかしてちょっと違うのかも!という考えに変わりました。
まずはその動画をチェックしてみてください、先日のPDC東京大会で撮影したものです。

この動画に対してひぐひぐこと樋口雄也プロがつけたコメントがこれ。
12
「皆さん体重移動がハンパない(笑)
上というか、なんなら後方にブローバックしてんじゃないか?」

ブローバック!

最初は「ん??」って思いましたがすぐに「!!」に変わりました。
あ! そうかも!!って。
もちろん「おれはいつもやってるけど」って方もいるでしょう。
でも自分には上や後ろに体重移動するという意識がダーツではなかったんで結構な気づきになりました。
ひぐひぐ本人は「このブローバックという言葉が適切かどうがわからないけど」と言っていましたが、
自分はとてもしっくりな言葉だと思ってます w

そして次の瞬間に頭に浮かんだのがジェームス・ウェイドのスロー。


これです、ウェイドがよくやるコレ。
よく見るとこれ、ただ歩きながら投げてるんじゃないんです。
ちゃんと最後の1本までインパクトかかってるんです。
とくに2本目投げるときの体重移動がポイント、足の動かしかた、、、わかります??
軸足だけみたらいつもどおりなんです。

Collage_Fotor
歩きながら投げることをブローバックと言ってるわけではないんで注意してください。
あくまで歩き出しをみることでどのような体重移動をつかって彼らが投げているのかが
わかりやすいので 歩き出しの部分の動きをピックアップします。
言いたいのは彼らがスローする際にどうやってインパクトをかけているか、
その体重移動の方向に注目してます。
前方向でなく上、もしくは後ろに向かって体重移動を使ってるんじゃないかと。


ご理解いただけるでしょうか。
誰でも3投目を投げながら前に歩き出すことはあると思います。
でもPDCプレイヤーたちは体軸がそのまま、
投げてるときの状態の体軸を保ったまま逆足が前に出てくる。
センター軸の残り方が普通じゃないんです、そのまんま。
そんなわけでこれは前に向かって体重移動しているんではない!
という話になったわけです。

自分が知っているインパクトのかけかただと、こんな風に前に歩き出せないんです。
もしかしたら軸足にかけてるインパクトは前じゃなくて後ろへかけてるからなのかな。
だから後ろ足を前に出しても体軸は動かないし、
インパクトがかけられてるんじゃなかろうかなと思いました。

人によってはおれと一緒じゃんって思うかもしれませんけど w
自分としてはあきらかにソフトダーツプレイヤーの体重移動とは違うように見えます(思い込みかな)

これ誰にでも理解できることではないと思うので
もしわけわからない、何が違うのという人は読み流してください。
一応、他のプレイヤーはどうなのかと思い集めてみました。


どれも同じように見えるかもしれませんが w
チジー、ソーントン、ウェイドを見ると歩きながらスローしているけど、
後ろへの体重移動を使っている様子がわかりやすいかと思います。
体幹を崩すことなく逆足を前に出しているというところをみてもらいたいです。
彼らのインパクトは上、もしくは後ろに体重移動することで、
縦ライン重視のスロー、横ぶれを防ぎつつスムーズな腕の振りを促してます。

この歩き出しのスローだけじゃなく試合中のスローを見ても
やはり彼らは後ろ、もしくは上に体重移動を促してるように見えます。

肩抜き、肘引きなどのスティール技術は手を前出すのではなく
引くことで力を発生させるという動きが根底にあります。
包丁や鉛筆でも同じなんですが 、押すよりも引くほうがまっすぐに動かしやすい。
力もいらない、ミスもすくない、スムーズ。
線という意識を大切にして狙うとい運動は押すより引く方が有利、ミスしにくい。
故の肩抜き、肘引きのスローにつながってくるんじゃないかと。

そしてこの引くとい動作、下半身の体重移動も前ではなくて、
後ろ、もしくは体幹に向かってインパクトをかければ
上半身の引くベースのスローをスムーズに誘導できるんじゃないか
そういう結論というか仮定に行き着きました。


このGIF動画、、体そのものを後ろ方向に下げて、それにより肘が下がって手がパタンと倒れる。
手を前に出すんじゃなくて引くことで手を倒すっていう説明をしてるんですが、
このカラダごと後ろ方向にという動きを体重移動だけでやるのがブローバックです。
わかっていただけるかな w

ここまで長々と説明させていただきましたがあくまでこれはまだ仮定です。
本当なのかどうかは定かではありません。
そして彼らがそれを意識してやっているのかどうかもわかりません。
ただ、彼らが大事にしていることを行うと結果としてブローバックのような
体重移動が起こるということに気づいたことは大きいです。
彼らのフォーム、立ち方もこのブローバックに基づいた立ち方をしてるような気がしてきてます。



これは11年前に来日した世界チャンプ ジョン・パートのスローです。
ソフトダーツのクリケット中のスローです。
やっぱり前でなくちょっと後ろに力を逃がしているように見えます。

このブローバックインパクト。
ダーツだけじゃなく、他のスポーツでも起こります。
バスケットボールでのジャンプシュートだったり、野球のスローイングだったり、
自分がやっていたハンドボールでも停止状態からパスを出すときは、
自然とこのブローバックをしていたように思います(無意識に自然と)

スローイング、前にものを放るという点ではダーツも同じ。
みなさんぜひ試してみてください。

誤解しないで欲しいのは、あくまでこれをやれ!っと言っているのではないということ。
これが正しいということではなく、何これ?っていう段階です。
もしかしたらこういうことが起こってるんじゃないかという仮定です。
なので今回このような発信することで、実際に試してくれた人から、
何かしらのフィードバックがあることを期待しています。

ブローバックインパクトは体幹と縦軸を意識です。
そしてPDCの映像をブローバックを念頭に置いてたくさん観ましょう。
ドリズでも引き続き研究していきたいと思います。
この気づきで今まで見えなかったものがいろいろ見えてくるような気がします。

ではでは。

両立の壁

最近はソフトダーツを主にしているトッププレイヤーたちが
スティールにも挑戦する姿を見る機会が多くなってきました。
ドリズにもスティールを本格的に取り組もうというソフトプロが多く来店されます。
話を聞いたり、工夫しているのを直接見させてもらってます。

そんな彼らがスティールのならではの技術というものを理解し始めるとぶつかる気づき。
「もしかして根本的なところが違う??」
もちろん人によって違うでしょうけどスティールに本気になると
ソフトの技術だけじゃだめだと気づかされることがあるようです。

となるとその根本的な部分を変えるのか、ソフトの技術のままでいくのか、
それともソフトの技術を修正して両方に対応対応するようにしていくのか、
完全にソフトとスティールで切り替えちゃうのか。

トッププレイヤーほど本業のソフトダーツとどうやって両立させたらいいのかという壁に行きつくんだと思います。
もちろん壁に当たらない人もいるでしょうし、当たっても気にしなかったり、気づかない人もいます。
ソフトが大事だから別にそのままでスティールがんばるって人もいると思います。
人それぞれ。

IMG_1313
いろいろな気づきがあるとは思いますが、
一番多くきく悩みが、、

刺さった時の矢角です


ソフトダーツのトッププレイヤーが投げると矢が並行に刺ささることがほとんどです。
芯抜きリリースして放たれた矢がそのまま暴れることなく綺麗に飛んで着地。
ソフトダーツ的には綺麗な放物線です、素晴らしいです。

この刺さったあとの矢の角度。
自分はソフトダーツとスティールダーツの一番大きな違いだと思っています。
そしてその刺さり方ってそれぞれ違います。
その違いがその人の武器になります。
それをどう生かすかというのがスティールダーツには不可欠です。

先に書いたようにソフトのトッププレイヤーは矢が並行に刺さる人が多いです。
でもこれスティールでは個性がいかせないというか、刺さった矢を生かせない。
IMG_1314
こんな感じです。
別にこれでもダメって言うんじゃないですよ。
ただスティール的には これだと残りのダーツを投げるのに邪魔になることが多くなります。
前に投げたダーツを生かして次のダーツをダーゲットに運びやすくできるのがスティールダーツの良さなのに、、、
それが生かせない。

正面から見るとこんな感じです。
IMG_1315
これだとぶっちゃけ 邪魔ですよね。

IMG_1316
どうせならこっちの方がいい。
次に投げるダーツがこっちのが入りやすいのは一目瞭然。

スティールダーツの技術はシュート力もさることながら、
刺さってるダーツをいかに生かすか!っていうことが大事になってきます。
そうするとやはり刺さった矢には角度が付いているほうが生かしやすい。

そこに気づき始めた人はどうやったら矢角がつくのかで悩む。
別にソフトダーツとハードダーツを区別しろということじゃないです。
ただやっぱり突き詰めていくと、必要とされる技術や道具が違ってくるということに気づく。
そしてそのままでいく人もいればソフトとスティールで投げ方や飛ばし方を変える人も。
それはいろいろな方法があると思います。
人によって違っていいと思います。

日本のスティールダーツはこれからです。
世界に肩をならべたソフトのトッププレイヤーたちが、
今度はスティールで世界に挑戦しはじめてくれてます。
そんなトップ選手たちがソフトの技術をどのようにスティールで使うのか、
そのままでいく人、バレルやセッティングで対応する人、投げ方を変える人、、
正解はありません。
これから多くのプレイヤーが個々の方法でスティールとソフトの両立をしていくと思います。
そのアプローチに自分は注目しています、そして期待しています。

日本はソフトダーツが主流です。
でもそれは強みだと思います。
ソフトの技術に、ヨーロッパの人たちのスティール技術が混ざったら無敵です。
器用で、精神が強い日本人ならいけます!
日本のトッププレイヤーたちに自分は期待してます。

ソフトとスティールの両立。
トッププレイヤーほど難しいことかもしれません。
いろいろな考えやアプローチを多くの人が確立していって欲しいなと思ってます。

ではでは。

原点回帰 紙フライト

IMG_1378
紙フライト、昔ながらのあのフライト。
ダーツの付属品として付いてきも誰も使わない、
ゴミ箱直行になりかねない紙フライト。

そんな存在になりかけている紙フライトですがいまドリズでは空前の紙フライトブームです。
(一部のマニアたちの間でだけですけど w)
紙フライトソムリエもいるし、紙フラ研究家、紙フラ解説者もいます。
IMG_1417

とりあえず今回はプロローグです。
細かいことまで書くと簡単に手にはいっていたA5グレード級の紙フライトが、
入手困難になりかねないのでもう少ししてから詳しい紙フライトの記事を書くつもりです。
みなさんが紙フライトの素晴らしさに気づかないうちに w

国内は紙フライト使用者って全体の1割ぐらいでしょうかね。
スティールだともう少し増えるかもですが、いま日本は成形フライト大国です。
Lフライト、Fitフライト、コンドル、零、Clickなどなど、、

IMG_1418
そしてそれらのフライトを使っている人からしてみたら、
昔ながらの折りたためるフライトは全部まとめて「紙フライト」ってなると思います。

でも紙フライトユーザーからすると、いろいろな種類、テイスト、厚さ、などがあるんです。
そのなかでもヤヴァいのを今集めてます。
もう世界探してもなかなか手に入らない質のものもあります。

IMG_1369
もう少ししたら紙フライトの時代が帰ってくるかもしれません(ほんとか?)
クラシックなペラペラなやつ。
でもそういうのないんですよね、マニアが欲しがる上質の紙フライトはもはや絶滅危惧状態です。
最近の紙フライトは硬すぎる、、あれじゃ紙フライトの良さが半減しちゃうです。
だから自分で作りたいなとちょっと思ってます。
成形フライトの時代にあえて紙フライトを作る。
やってみたいですね。

IMG_1419
スティールはやっぱり紙の方がメリット多い気がしてます。
(その話は長くなるのでまた別に機会に書きます)
最近では折りたたみフライトと呼びかたもするようですが、
自分はその呼び方好きじゃないので紙フライトで通してます。
実際はもはや紙じゃなかったりするんですけどね w

IMG_1420
ちなみに紙フライトに最適なシャフトは?と聞かれたら
現在のところTARGETの「PRO GRIP」一択になります。

IMG_1373
今日、渋谷のBATDARTSに行きました。
紙フライトがずらーーーっと。
しかもマニアが飛びつく薄いミクロン厚のものばかり。
誰も興味ないでしょうけど w
とりあえず適当に100セットほど購入♡
なかでも「シンプソンズ」は全部買い占めさせていただきました。
なんでみんな買わないんですか!! あんなお宝を買わないとは。
バット常連でシンプソンズフライト愛好家の方ごめんなさい。
IMG_1377

紙フライトを使う上で大事なことは
「デザインは気にしない」ってことですね。
ダサいほど上質って思ってていいです。

それでは今回はこの辺で。
またそのうち続編書きます。
すべて個人的な主観で書いてますのであとになって
騙されたとかいわないでくださいね w

ではでは。

  

    スティールダーツ考察まとめ




    ギャラリー
    • 2017年ダーツ世界チャンピオン
    • 2017年ダーツ世界チャンピオン
    • スティール用ケース
    • スティール用ケース
    • スティール用ケース
    • スティール用ケース