e5b086e6a38b
シェークスピアの「リア王」第4幕第1場でのセリフ。
The worst is not So long as we can say 'This is the worst.
「最悪だと言っているうちは、まだ最悪ではない」
なかなか深い良い言葉です。

ちょっと違いますが、自分の好きな言葉に似たようなものがあります。

「助からないと思っても、助かっている」

将棋の大山康晴十五世名人の言葉です。
対戦中にもうダメだと思っても、大局観を持って全体をよくみれば、
実はまだ勝つ道が残されていて、それのためにやるべきことが残っている。
どんな時でも己の意識しだいでチャンスはある。
冷静になって、状況をよく見るべし。

先日のダーツトーナメントで思い出した言葉でしたので書いてみました。
予選のクリケットで「助からないと思っても、助かっている」っていうのがもろに出たんです。
試合中は目先のダーツを入れることばかりに気を取られがちですが、
ゲームの流れ、相手のプレッシャー度、自分たちの勢い、攻め方による駆け引きなど、
試合全体を把握することが勝敗を左右する鍵だったりします。
大局観ってダーツでも大切だなと思いました。

ちなみにアタクシの好きな棋士は、、、、橋本崇載八段 w
A級昇格おめ! ハッシーがA級だなんて!
20090802102011

ではでは。