IMG_6431
今回長々とダブルスの事書いています。
オレたちワイルドだろぉって自慢も無い訳ではありませんけど、、、
上手くなりたいって頑張っている人にふみてぃの挑戦を少しでも参考にして欲しいからです。
最近はレーティングが上がった、下がったがダーツのすべてだと思ってる人が多い。
ダーツの試合に出てみて、こういう楽しさもあるってこと知ってちょーだいって理由もあってです。
歳とってくると自分が勝つということよりも、そういうことに力を費やすようになっていくんですな w
後進の育成ってやつ? いやームリムリ!自分の育成が先ってことわかってます。
人間的に欠落しているものが多すぎるからね w フンっ!


さて話を再開しましょう。
書いてませんでしたが、ダブルスの予選最後の相手。
ぐっちんとキャンちゃんペアでした w
よりによって身内対決かい!
しかも勝った方が予選2位通過という試合でした。
試合は最終レグまでもつれる大激戦。
打ち合いってより、メンタルにくるような気力戦でした。
いつもなら諦めている展開だったんですが、ふみてぃの姿を見ていてスイッチオン。
彼のおかげで勝てました。

そしていよいよ決勝トーナメント1回戦。
この試合もいいゲームでした。
噛み合ってましたね。
お互いここぞって時にいいダーツ打ててました。
最終レグのクリケットは15でマクったんですけど、
ふみてぃのT15、S20、W18という大逆転の6マークは圧巻でした。
最後もしびれる状況で彼がハットを出してベスト8進出を決めました。
OneBeatの応援団を背にほんとカッコ良すぎでした。
そしてまた泣くわけです w
試合終わるたびに泣いてる、、熱いね。

準々決勝。
相手はゴンちゃんペア。
とうとう大御所登場。
今までのようには行きません。
ふみてぃ、かなりプレッシャーきてたようです。
701はあっという間におわり、クリケはオーバーキル寸前。
結果5分で試合終了。
ちーん。
応援団もシーン w
ふみてぃは頭から煙のようなもの出してました w
気持ちは折れないよう必死に耐えてましたが、もう限界だったんでしょうね。

もちろん試合後、彼は涙です w
でも、悔し涙というよりもやりきった安堵、そして達成感からくる涙でした。
最後打てなかったことを嘆いていましたが、それと同時にMAXレベルの壁を感じることが出来たと。
そこには目標を見つけ前向きな気持ちで泣くふみてぃがいました。
MAXレベルでも出来るという気持ちと同時にMAXレベルの壁も痛感。
彼にとっては貴重な経験になったことでしょう。

彼のやる気を無駄にしないようにと必死だった今回のダブルス。
それでもなんとか自分と組む事でしか得られない経験をさせてあげられたのかなと。
でも実際は自分が彼から教わることの方が多かったです。
彼のスローラインに向かう意気込み、試合にかける強い気持ち、プレッシャーと向き合うメンタルタフネス。
勝って泣けるぐらいのものを彼は懸けて投げてました。
試合はレーティングじゃないってこと身を以てしったことでしょう。
レーティング上げることに必死になっている人にこういう楽しさを教えてあげて欲しいです。


胸を張って報告させていただきます。

レベルMAX ベスト8 でした!!

ふみてぃ、ありがとう!
素晴らしいダーツを魅せてくれた!
すべては君のおかげです!

それと代打として自分を選んでくれたFuuuくんにも感謝。
ふみてぃ、褒めてやってください。
早くインフルエンザ治してね。


ダーツって楽しい。
ダブルスって楽しい。


長くなりましたこれにてDJOさいたま参戦記は完結。

ではでは。