19 午後
昨日は年明けに引越す部屋の契約で神奈川の厚木まで行ってきました。
契約手続きは自分に時間が無いため不動産屋まで行かずに駅の近くの喫茶店などで行うという予定。
ところが、、、
待ち合わせ場所に行き、それでは契約の手続きしましょうかというところで不動産屋さんがやってくれました。
「あれ? うそ!! 契約の書類一式忘れてきちゃった」
そんなのありえねぇ〜っ w
事務所までは車で30分ぐらいとのこと。
往復で1時間弱、、、
取りに行ってもらってから契約手続きだと、すでに乗車券を購入した特急の出発予定時間に間に合わない。

さて、どうしたと思います?

不動産屋さんは言いました。
「ごめんなさい、自分も一緒に電車に乗るので特急券もう1枚とってもらえます?」 笑
すぐに書類を取りに戻ってもらい、結局不動産屋さんは自分と一緒に特急ロマンスカーに乗車。
新宿まで行くその車中で書類を広げて部屋の賃貸契約をしました w

いままで賃貸契約は20回ぐらい経験しておりますが、電車の中で書類にサインして判子を押したのは初めてです。
揺れて書きづらいのなんの、しかも酔ってきちゃって気持ち悪いしで大変でした。

不動産屋さんは終始ごめんさいを連呼。
こんな経験は滅多にできることじゃないので、逆に楽しいネタにありがとうでした w
実はこの不動産屋さん、高校の後輩で知り合って25年のお友達。
普段不動産業務は担当していないのですが、今回自分のために特別に担当してくれました。
慣れない業務だったのでこういうハプニングがおこったんでしょう。
自分のためにありがとうございました。
これで無事契約完了。
来月、引越します。

ではでは。