先日、PDCプレイヤーの放物線のことを書きました。
それ以降「スタックって何ですか?」とか「どうやったらスタックうまくなりますか?」とよく聞かれます。
自分の技術はたいしたもんじゃありませんし、スローも綺麗ではありません。
そんな自分がいうのはおこがましいのかもしれませんが、
世界のトッププレイヤー達を参考にして自分なりの考察を懲りもせずまた書いてみようと思います。
あくまでひとつの考え方で、これが正解とか、絶対これに違いないってことではないので
そこだけはご了承いただきたいと思います。

42

まず、スタックっていうと聞きなれないので難しい感じがしますね。
簡単にいうとグルーピングです。
世界のトッププレイヤー達は同じところに矢を何度も運ぶことができます。
これは狙って同じところに入れている(シュート力)というよりは、
「同じ放物線で」「同じ力で」「同じタイミングで」「同じリリースで」「同じフォームで」何度でも投げられるということです。
スローイングの再現能力が極めて高いのです。
どんな状況でも、どのターゲットでも彼らのスローやルーティーンは正確です。
狙ってるというよりは、勝手にそこにいくスローイング技術を身につけているのです。
目で狙うっていうより、体で狙うっていうんですかね。
これができることによりグルーピング力というものが発揮されます。

シュート力がある上にさらにこの「グルーピング力」です。
そしてこのグルーピング力を使って2本目以降の矢をターゲットに導く技術が「スタック」と呼ばれる技術です。
じゃあ1本目はシュート力で入れるのかというと自分は違うように思います。
1本目も、2本目も、3本目もみんな同じです、スローは変わりません。
狙い方が変わるだけです、すでに刺さっている矢を使ってさらにターゲットに入る確率を上げるということです。

まず、このスタック(簡単にいうと当てるとか重ねるという事象)をマスターするには当然グルーピング力が必要になります。
バレル同士を当てることもあれば、ポイントをフライトやバレルに当てることもあります。
壁を作って流し込むイメージですかね。
フィル・テイラーに限っては当てるというより乗せるスタックです。
まぁいずれにせよ難しいですね。

なので今回はもう少し簡単に考えて自分の刺さり方を知ってそれを活かす方法をちょっと書いてみます。

IMG_1527
自分の矢はこの写真のように左向きにささることが多いです。
なのでこのように刺さった場合はこれ以上T20を狙いません。
空いているスペースを狙うようなシュート力を使うことはしません。
絶対に矢が気になってこれを避けるようなタイミングや投げ方になるし飛びも変わってしまうんです。
なのでT20のT5寄りに刺さると自分は迷わずT19にスイッチングします。
スイッチングって大切です、みなさんあまりやらないように思います。
自分の刺さり方を知るとスイッチングの必要性もぐっと上がります。

IMG_1528
今度はT1寄りに刺さった場合。
この場合はこのまま投げればT20に入る確率が高いというのはお分かりいただけると思います。
あくまで自分の場合ですけど。

IMG_1530
このT20の下に矢が刺さった場合、自分はT19かT18にスイッチします。
無理してT20に投げても、刺さっている矢に当たってT20に入れるのは困難だからです。
それを避けようとして無理にT20に投げるとタイミングがずれたり、力んでしまい1か5に入るのが目に見えてます。

IMG_1529
これはT20のちょい上に刺ささっています。
上級者の方は1本目をT20に入れにいきつつ、このT20ちょい上を狙います。
ここに刺さったら残りのダーツはこのダーツに当たってT20に入いる確率が格段に高くなるからです。
100とか140をたくさん出す人はこの位置に刺さったダーツを壁にしてT20に集めるのが上手です。
いわゆる「スタック」ってやつですね。

これはチェックアウト(あがり)でダブルに入れる時にも使えます。
18
1本目を入れたいダブルのちょい上に打ちます。
これを「マーカー」と呼びます。
2本目はダブルに狙うというよりマーカーを打ったのと同じように投げれば、マーカーに当たってダブルに入るという具合です。
32
もちろん世界のトッププレイヤーたちはこれの成功率が高くなりやすい飛びや矢角を知っているから、あの放物線なんだと思います。
ギャリー・アンダーソンの24残りってかなりの確率でこのあがり方するんで機会があったらこのことを考えながら見てみてください。

なんかスタックの解説になってないかもしれませんが、
自分の投げるダーツの刺さり方や飛びをしって、それを活かすように心がけてみる。
まずはこれが大切だと思います。

自分が日頃心がけている今回紹介したスタック活用法なら誰でもできることだと思いますので
ぜひトライしてみてほしいです。
決してこれやらなきゃうまくなれないよって訳ではありません、人ぞれぞれですから。

あとスイッチング。
自分の刺さり方の癖がわかってくるとスイッチングの重要性もわかってくると思います。
PDCの映像をみることがあったら、一度スイッチング重視で観戦してみてください。
彼らがT20からT19にスイッチングするときになんでスイッチしたのかを観察すると
彼らのスタッキング技術というものが今まで以上に見えてくると思います。
あとマーカーにも注目です。


長く書きましたが、何かしらのヒントになれば幸いです。
あくまでスタックというものの一部を自分なりに考察したまでです。

それと、これってソフトダーツではそんなに必要ない技術だと思います。
スタック使うぐらいだったらシュート力磨いてぶっこむ方が大事じゃないかと。
使えて損はないとはおもいますけどね、一応スティールで使う技術です。

次回は世界のトップたちはなぜストレートバレルなのか、
その謎に迫りたいと思います。
もちろんこのスタックというものが関係していますので
次回もお楽しみに。

ではまた。