WDF(ワールドダーツフェデレーション)というダーツ競技の最高権威が主催するダーツのワールドカップが2017年に日本で開催されます。
「WDF World Cup Kobe Japan 2017」
2020年に東京でオリンピックが開催されることはみんな知ってても、
2017年に日本でダーツのワールドカップが開催されることはダーツする人でもほとんど知らないと思います。
日本のダーツ発祥の地と言われている神戸で開催予定です。
ワールドカップはダーツの祭典です。
世界32カ国のダーツプレイヤーが日本に集まってきます。

d43600ed91c0ccb15e72a7338ced4108

ここ最近 Facebookで世界基準に関する提案をちょいちょいしています。
「ここは日本なんだから、別に日本式でいいじゃん」っていう声があるのもわかってます。
たしかにここは日本だしソフトダーツが主流なので、そんなに慌てて世界にあわせなくてもいいと思います。
なにがなんでも世界基準にしようと提案しているわけじゃありません。
正直、自分の発言がスティールダーツの敷居を高くしていると言われても仕方ないと感じています。
そう思って煙たがっている人は少なくないでしょう。

でもこのワールドカップが2017年に日本にくるってことは案外大きな問題です。
ダーツ界で真剣に考えて、いまのうちから準備をしなくてはいけないと思ってます。
実際、あと2年ですが主催国の日本はまだ準備ができていないという状況のようです。
なので団体や協会をあてにする前に自分たちでできることからやっていこう。
そういう意識から世界基準の話をするようになりました。

n01、スコアラー制、チョーカー制、ダーツ用語に関する話、、、
世界では当たり前なことが日本ではまったく違う日本独自なものって結構あります。
世界のプレイヤーには??なことが多い日本のダーツ事情。
そんな日本ダーツ界がワールドカップを主催するのになんの準備もしなくて大丈夫なのかなと心配しています。
あと2年しかありません。

今年5月に立ち上げた「巣鴨コーラークラブ」
おふざけ半分と思われているかもしれませんが、2年後のワールドカップに危機感を持ったことが創設のきっかけです。
ワールドカップではチョーカーやコーラーできる人がたくさん必要になるわけです。
ホスト国がチョーカー制は普及してないんで無理とか、コーラーできる人は少数なんでとか、、そんなこと言ってられません。
なんであと2年しかないけど、今のうちからちょっとずつでもチョーカーやコーラーを普及させようという思いを持ったメンバーで立ち上げました。

「ハードダーツ」ではなく「スティールダーツ」って呼びませんか?とか
チョーカー制の際にスコアラーは廃止しませんか?などの提案はこういう理由からでした。
世界基準がどっと日本にやってくる、その時に慌てないための下準備です。
ソフトダーツしかやらない人や固くるしい話は苦手という人には迷惑な話だと思います。
ただこういう理由から世界基準をちょっとだけでも知っておいてほしいなと。
そういうわけで強要でもありませんので、いままで通りでも全然OKです。
ただこのことを知っていてほしいんです。

もちろんワールドカップだからといってなんでもかんでも世界に合わせることはないと思います。
日本のダーツ文化を世界に知ってもらう機会でもあります。
日本のスティールダーツには世界に誇れるものが1つあります。
「n01」エヌゼロワン 、nakkaこと大野智秋氏が作ったスコアソフトです。

n01_sc_4

スティールやる人で使ったことがないって人はいないですよね。
日本ダーツ界に多大な貢献をしつづけている偉大なソフト(アプリ)です。

ワールドカップでこれを使わない手はないという案がちらほら出てきています。
チョーカー制はそのままにスコアを手書きで書くのではなく、
ボードの横にタブレットを装着してn01を使ってチョーカーをする。
タブレットも安価になりつつありますし、n01もブラウザ版がリリースされるなどまだまだ進化しています。
各ダーツ団体のトーナメントでこのタブレット方式を少しずつ取り入れて普及させていけばワールドカップでn01が公式採用されるのも夢じゃないと思います。
一部の団体ではこのタブレットでのチョーカー制を実験的に取り入れる試みを予定しているところもあります。
(素晴らしい!!)
IMG_1550
先日のJAPANOPENでのnakkaさんとの1枚

そんなこんなで 2017年ワールドカップがやってきます。
ダーツやる方はぜひ知っておいてください。

情報誌 NEW DARTS LIFEのサイトに2011年のワールドカップに関するコラムがあがっています。
ワールドカップがどんなものか酒井さんが丁寧に紹介されてますのでこちらもぜひチェックしてみてください。
http://www.newdartslife.com/sakai/002.html


最後に
この2017年のワールドカップは業界全体で協力しなければ成功しません。
しいてはソフトダーツ界も含め日本ダーツ界全体の協力が必要だと思います。
無事に成功することはもちろんですが、ワールドカップをきっかけに
日本のダーツ文化が少しでも世界に受け入れてもらえることを願います。

ではでは。