IMG_1637
スティールダーツテクニックのひとつ「スタック」
日本ではシュート力がある人は多いですが、このスタックに関する技術に長けている人はまだ少ないと思います。
まだ必要ないレベルなのかもしれませんし、スタック技術がなくても日本人はシュート力だけでもなんとかなるからかもしれません。

いずれにせよスティールダーツやるなら知っていて損はないと思いますので、
嘘か本当かは置いといて雑学のひとつだと思って読んでみてください。
ドリーの勝手な推測だと思っていただいて結構です。


今回はあまり知られていないであろう「もうひとつのスタック」に関して書きたいと思います。
これはPDCなどの世界トッププレイヤーがストレートバレルを多く使用している理由につながるかもしれない話になります。
もしかしたらですけど。

スタックというと刺さっているダーツを壁にして、それに当ててターゲットに運び入れるいわゆる当てるスタックが一般的だと思います。
実はスタックにはもうひとつ上記とは別の方法でターゲットに運び入れる方法があります。
方法というか現象という言い方が適切かもしれません。

実はスティールダーツの場合、ポイントがバレルに当たると「くっつく」という現象が起こります。
ポイントがバレルに当たってそこからバレルにまとわりつくようにくっつきながらボードに刺さります。
当てるスタックではなく、くっつけるスタックです。
これバレルに溝があるほど有効のようです。
ポイントがバレルの溝にあたり引っかかりながらバレル側面を滑るようにスタックするのです。

このスタックが上手なのがエイドリアン・ルイスとギャリー・アンダーソンです。
57
10
ふたりの180の写真です。
ポイントが集中してグルーピングしているという特徴がみてとれます。
これ「くっつきスタック」を使った結果なんです。

IMG_1636
たまにこんな風に刺さることありますよね。
バレルをまたぐようにして刺さること。
これも「くっつきスタック」です。
このまたがるスタックを使ってダブルに入れるのも世界のトッププレイヤーは結構やります。
とくに右利き選手が10のダブル狙うときにやったりしてます。

もうおわかりかと思いますが、バレルがストレート形状、
しかも溝がぎっしり入ってるほどこの「くっつきスタック」で同じ場所に刺さりやすくなります。
トルピード形状のバレルだと膨らみの部分でポイントが離れてしまうのでこのようなグルーピングになりにくいです。
ストレートバレルでこの「くっつきスタック」と「当てるスタック」の2つを使いこなすことでよりターゲットへのシュート力をアップできるという具合です。

ルイスとギャリーのダーツをみているとこのスタック技術を見事につかってダーツをしているのがわかると思いますので、機会があったらこのくっつきスタックというものを念頭におきながら試合を観戦してみてください。
そういえばガーウェンもくっつきスタック上手です w

やはりこの技術を使いこなすにはストレートバレルで全部にカットが入っている方がよいのではないかと推測できます。
そんな理由からストレートバレルを使うプレイヤーが多いのかなって自分は考えました。
飛びがいいとか、グリップしやすいとかそういう理由じゃなくて、このくっつきスタックを多用するためなんじゃないかと。
もちろんこればっかりじゃないと思ってます!
他の理由で使うプレイヤーもたくさんいると思います。
ただ彼らのテクニックとスタックを見ているとこの理由が大きいんじゃないかと。

ルイスのスタック技術がよくわかる動画を貼っておきます。
これはPDCジャパンダーツマスターズ 初戦のオープニングレグです。
くっつきスタック、当てスタックを使っているのがわかるかと思います。


どうでしょう、わかりますか??
彼らのこの技術を知ったうえでPDCの試合を見ると今まで以上に世界トップクラスの凄さがわかります。
正直イヤになります、技術がすごくて w
シュート力、グルーピング力、そしてスタック力、、、ハンパないです。

あとスタックがわかってくるとスイッチングが大事になってきます。
スイッチングも練習というか慣れが必要です。
PDC選手などのスタック&スイッチングを合わせてみることで
どういう時にスイッチするのかを学ぶのもいいかもしれません。
スイッチングもルイスをみるとわかりやすいです。

最後に。
何回かに分けてスタックというものを自分なりに考察して紹介させていただきました。
これを習得するとか、しないとかは別として、
合っている、間違っているというのは別として、、
知っているのと知らないのでは大違いだと思います。
今回のこのスタックネタがみなさんの技術向上につながれば嬉しいです。

ではでは。