今回はダーツのワールドカップに関して書きたいと思います。
ダーツのワールドカップは2つあることをご存知でしょうか。
WDF主催のワールドカップとPDC主催のワールドカップです。

WDFはワールドダーツフェデレーションの略で世界ダーツ連盟です。
世界中で35万人が登録している競技系最大のダーツ団体になります。
WDFの中でもっとも有名なのがBDO(ブリティッシュ ダーツ オーガニゼーション)だと思います。
イギリスの競技系ダーツ団体です。
日本でのWDFに属している団体はJSFDです。
DSC02017-Kopie-777x436

WDFのワールドカップは2年に1回開催されます(西暦が奇数の年)
開催される国は毎年違います。
WDFワールドカップには日本代表選手がJSFDから派遣されます。
JSFD年間サーキットで登録選手に与えられるポイントで
代表選考ポイント上位の選手が日本代表選手としてWDFのワールドカップに派遣されています。
(現在のJSFDランキングはこちら
321282_196656613744820_91357105_n

WDFワールドカップには世界32カ国以上の国から代表選手が集まります。
男子、女子、ユース(すべてに選手を派遣しない国もあります)と試合の部門も多いです。
世界トップのダーツ団体であるPDCの選手は出場しませんが、BDOのトップ選手は上位選手がごっそり出場します。
banner-wdf-world-cup-2015

そしてもうひとつのワールドカップがPDCワールドカップ。
これはあのPDCイベントのひとつとして毎年6月ぐらいにドイツで開催されます。
世界32カ国から各国2名の代表選手が集まり頂点を競います。
代表選手の選抜方法はその国のPDCポイント上位2名にオファーがかかるそうです。

WDFワールドカップは世界各国に放送されるようなことはありませんが、
PDCワールドカップは通常のPDCイベントと同じように世界中のケーブルテレビに放映されます。
会場の大きさもWDFは体育館ぐらいの大きさですが、PDCの会場はアリーナクラス。
WDFの会場にはボードが40台近くずらーーーっと並び一斉に試合が行われます。
これに対してPDCのワールドカップはステージ上のボード1面だけですべての試合が行われます。
もちろんですが女子やユースもありません。
00

PDCワールドカップは各国2名の代表がダブルスとシングルスで勝敗を競います。
普段ダブルスなんてやらないPDCのトッププレイヤーがダブルスをプレイします。
やっぱり国を背負ってダブルスをプレイするといつもとはちょっと違ったダーツになります。
とても面白いのでぜひチェックしてみてください。
昨年の準決勝 スコットランド vs オランダ がおすすめです
https://www.youtube.com/watch?v=Lp7_vMbG7UM&list=WL&index=13
PDCのワールドカップはほとんどイングランドが優勝しています。
毎年フィル・テイラーとエイドリアン・ルイスの師弟コンビです。
99

一昨年だけオランダのMVGとバーニーのペアに譲りましたが、昨年再度栄冠を獲得。
今年もどうなるのか楽しみです。

そのPDCワールカップですが来週に迫っています。
6月2日(日本時間3日早朝)から5日までドイツで行われます。
日本からはPDPAツアーカード保有者である村松治樹選手と昨年末にPDCワールドチャンピオンシップに初出場し
活躍した小野恵太選手の両名が日本代表として参戦します。
PDC.TV(有料)で視聴が可能です。

そしてWDFのワールドカップですが昨年2015年はトルコで開催されました。
次回2017年の開催ですが、、、、日本開催です!!
正直なところ本当に開催できるのかという不安だらけの状況です。
1年4ヶ月後に迫っていますが何も正式なアナウンスがされてません。
大丈夫なんでしょうか。
もし開催できないとか、開催したけどお粗末でしたってなると日本ダーツ界全体が世界に恥をかきます。
とても心配しています。

PDCのワールドカップが日本にくると勘違いしている方が多いようなので
この記事書きました、来年日本にくるのはWDFのワールドカップです。
BDOのトッププレイヤーやオランダの怪物ユース選手が生で観られますよ。
開催できればですけど w

PDCワールドカップ! 治樹くん 恵太がんばれーーー!!

ではでは。