ドリー・ファンク・ラブ

ドリー・ファンク・ラブ

ドリーの、ドリーによる、ドリーのためのダーツブログ

2012年08月

PERFECTプロ

IMG_7138
帰宅したら一般社団法人PERFECTから郵便物が届いてました。
封を開けてみると中には1枚の紙が。

PERFECTプロ資格認定通知証

でした。
これでとうとうワタクシもPERFECTプロだそうです w
絶対にPERFECTにだけは行かないと以前から口にしていましたが、
自動的になってしまったのでこれは仕方ないと言うかなんというか w

といっても以前と違って今では敬遠するような気持ちはありませんでして、
PERFECTのツアーやトーナメントは素晴らしいと感じております。
もし今後もプロとしてがんばるとしたらJAPANよりもPERFECTをチョイスする予定でした。
なのでPERFECTのプロテスト受けずに資格認定していただけたのはありがたいです。

実際、受けたら落ちそうだーしー(汗

今はツアー参戦の為に仕事を休めない状況です。
でも折角ですのでなんとかスケジュールをあわせてPERFECTに参戦したいと思っています。

PERFECTプロのみなさん、よろしくお願いします。
D-CROWNプロのみなさん、がんばりましょう!

ではでは。

小さなシアワセ

IMG_7131
今日は6時に起きて仕事へ行き、自分的にかなり一生懸命働きました。
15時間厨房にいて疲れたけど、仕事終わった時の達成感と開放感が心地よくそのまま玉を転がしに行きました。

途中、練習してたら後ろに井上浩平プゥロォが。
ドリー「あれ?今、来たの?」
浩平P「今来てウーロン茶一気飲みしたんでもう帰ります」
ドリー「・・・・またね」
浩平P「おつかれっすぅ・・・」

1時間半ほど玉撞いて帰宅。
(ちなみにダーツは1週間封印ちうです)
帰りがけに珍しく缶チューハイを買いました。
家でお酒を飲まない人なので珍しいことです。
あと夕飯&つまみとして鶏五目のおにぎり。

そして帰宅してプシュっと。
やっぱり鶏五目はつまみにならんっ!
何か無いかと冷蔵庫を開けてみると、、、

なんとそこに!!
すっかり忘れてたアレが!!
あるではないですか!!

PERFECT仙台へ遠征に行った安田くんからもらったお土産の、、、

IMG_7133
牛タン!!!

ヨッチャーっ! ですわ。

うおぉぉぉぉぉ! ですわ。

わかるっしょ?この感動 w

久しぶりに着た洋服のポケットに1万円入っていたのと同じ喜びでございました。
安田ナイスプレイ!褒めてつかわす。

ではでは。

すっきりグダグダ

27c31919.jpg
写真は綾瀬イケメンセンターのドシンこと新藤センセイ。
先日ギックリ腰でオワターって時も助けて貰いました。
こちらイケメンのブログ。
http://blog.ayaseseitai.com/

昨日、撤去されたチャリを5000円払って回収。
まぢ高いっす。
5000円だすなら新品買ったほうがいいですね。
職場に自転車を返却したのち、綾瀬へ。
1時間半ほど満喫でダーツ投げました。

午後5時からあやせ整体でカラダをメンテナンス。

めっちゃ整いました。
スッキリ。

爽快な気分で今度は上野へ。
ハードリーグのホーム戦でした。

カラダは絶好調でしたが、ダーツはグダグダ。
チームはかろうじて勝ちましましたが、なんか今日は雰囲気が重かった。
誰のせいとかじゃなく、なんとなくそういう時もあるものです。
自分のダーツもいいところなし。

また気を取り直して頑張ろう。

明日からまた地獄の6連勤だ。

ではでは。

駐車禁止

IMG_7122
今日はアンラッキーデーでした。
朝から嫌な予感がしてたんだよな。
きっとオレンジ色のUFOのせいだ。
ねっ ONUさん!
http://ameblo.jp/onuma-studio/entry-11333125970.html

昼休憩に職場のチャリを借りて巣鴨へ。
本屋に入って15分。
外に出るとチャリが無くなってました。

あれ?

たくさんあったチャリが全部ない。
まわりにも自分と同じような状況らしき人たち多数。
どうやらチャリ一斉撤去を食らったらしい。
よりによってわずか15分の買い物をしていて持ってかれるとは、、、
相変わらず細い。

北池袋まで取りにいかなきゃいけないらしく、今日は無理ってことで歩いて職場に戻りました。
ちなみにこのことは職場には内緒しています。
明日こっそり返却予定。

そして夜。
仕事を終え、バイクで巣鴨へ。
JACK巣鴨でダーツ投げて、ビリヤードやってされ帰宅しようとバイクに戻るとミラーに何か巻いてある。
黄色いその紙にはこう書かれていました。

駐車違反

そういう訳でして昼とほぼ同じ場所で今度はバイクがやられました。
1日に2回駐禁。
滅多にそこには停めないんですけどね。
魔が差したってやつですかね、なんか停めちゃったんです。

今日はヤバイと思ったので、帰り道はスーパー安全運転で帰りました。


写真はキューケースの中に入ってたタップケース。
開けてみたら結構レアなタップがゴロゴロ。
7年もやってなかったから、今では入手困難なものばかりです w
ちなみに自分が今つけているタップは「R.D.タップ エクストラハード」です。
シャフト作ってから一度も交換してないから、かれこれ9年以上付けっぱなし w
なのにR.D.タップ、まったく問題なし。
食いつき、打感さいこぉです。

その昔、販売中止になるって聞いて買えるだけ買ったんですけど。
その時いろいろ探したけど入手困難で3つしか買えなかった。
今もR.D.タップ(昔のオリジナル)って手に入るんですかね。
9年も持つタップを3つストック持ってるんだから必要ないか w

ではでは。

「撞く」と「投げる」

IMG_7069
ビリヤードとダーツ、二人以上で遊んでいる人たちを見て素人かどうか簡単に見分ける方法。
【ビリヤード素人】対戦相手が玉を撞いている時、椅子に座らないで立って見ている
【ダーツ素人】対戦相手が投げている時、椅子に座って見ている
ビリヤードとダーツはここが逆なんですね w

さて、昨日は仕事行く時にキューケースを持って出かけました。
キューケースを持って仕事に行くなんて何年ぶりでしょうか w
仕事が終わってJACK巣鴨で久々に玉を撞きました。
7年ぐらい前ですかね、毎晩玉を撞いていた店です。
自分が脱サラしてダーツの世界に入ったきっかけとなった店でもあります。

JACK巣鴨は仕事帰りにギャラ2を投げによく行くのですが、
玉を撞いたのは5年ぶりぐらいでした。
見た人は一様に「ビリヤードもやるんですか!」と驚いていました w

やりますよ。
ビリヤード、愛してますから w

今のスタンスで言うとダーツは競技として取り組んでますが、
ビリヤードは趣味というくくりです。ちなみに下手くそですよ。
昔は命賭けてやってましたが(大袈裟)ダーツに転向してからは趣味と言っています。
そうなってからは肩の力が抜けて、いい玉が撞けるようになったし、
自分の玉っていうものに関して背伸びをしなくなった。
そして何よりも楽しい。

今では2ヶ月に1回ぐらいしか玉撞きしませんが、
やはり10年以上も命賭けてやっておりましたので(笑)
さすがに最低限の技術は維持していると思います。

3年ぐらい前ですかね「CUE'S」というビリヤード雑誌でダーツとビリヤードの比較検証みたいな企画がありました。
ビリヤード関係の方から連絡があり、自分が司会進行みたいなことやったんですけど、、、
やっぱりこの二つは比較するのは難しいです。
似て非なる競技です。

自分よく聞かれます。
「ドリーさんはダーツとビリヤードどっちが好きなの?」

ははは。

そういう時は正直にこう答えます。

マージャン!

なによりも好きなのは麻雀なんですよ、本当に。
お誘いお待ちしております w

ではでは。

p.s.
今年のburn.をUstream中継で見ました。
あのマシン、、、残念でした・
やっぱりburn.は2007年までが本当の「burn.」なのだと思う。


ソコヂカラ

50256941088
たくさんいるダーツプロの中でも自分のレベルは下の下です。
間違いありません。
でもそれは目に見える部分、表の力の話。
カウントアップで1200点出せるわけじゃないし、
平場で対戦してバチバチ打つ訳じゃない。
フォームが綺麗な訳でもない。
どうみてもドリーさんはプロに見えないです。

でも、思ったんです。
表の力ではプロとは呼べないけど、「底力」は他のプロとそんなに変わらない、、かもしれないと。

別に底力だせば1200点でるって話ではないです。
持っている真の強さみたいな、、、ソウル的な強さ、タフネスの事です。

そりゃ、今までの人生考えれば底力はあるはずなんです。
ダーツプロの中でみたら、自分はかなり特別な経験を若い時にしてますので。
追い込まれた時のメンタルタフネスはあるはずです。

自分の底力を知り、それを信じることで力を発揮することができると「自信」というものが生まれます。
これって強くなる為に必要なステップだと思いました。

ちなみに自分と親しいダーツ仲間はその力をずっと前から知っていてくれて、
チームを組んだり、ペアを組んだときは、ソコヂカラを信じてくれたし、頼ってくれていたように思います。
自分だけ信じてなかった。

これからはその力を信じて、自信を持ってダーツやっていこうと思いました。

でもさ、できれば誰が見ても「やっぱりプロだね〜」ってなりたいよね w

ではでは。

  

    スティールダーツ考察まとめ




    ギャラリー
    • 2017年ダーツ世界チャンピオン
    • 2017年ダーツ世界チャンピオン
    • スティール用ケース
    • スティール用ケース
    • スティール用ケース
    • スティール用ケース