ドリー・ファンク・ラブ

ドリー・ファンク・ラブ

自称日本一のスティールダーツマニアによるスティールダーツが180パーセント面白くなるブログ

2013年04月

エースの品格

296579212110
写真はうちのハードチームHi-5メンバー「ハル」こと戸田大晴(とだもとはる)に作ったオリジナルプリントのフライトです。
※製作したばかりなので水滴だらけ
自分がHi-5のフライト使ってたら「俺のもプリントしてください」と自分の使ってるLフライト持ってきました w
Hi-5のロゴだけプリントするつもりが、なんとなく気が乗ったので彼のロゴを作って一緒にプリントしてあげちゃいました。
それが良かったみたいで、かなり喜んでくれましたョ w

彼とはかなり昔から同じDリーグチームでプレーしてたりしましたのでチームメイト歴はとても長くとても信頼している仲間のひとりです。
1年半前にハードリーグに勧誘してHi-5に加入、今ではHi-5自慢のエースです。
ダーツが上手いのはもちろんなんですが、彼のエースたる所以はそういうことだけじゃありません。
昨晩のリーグでもそういう彼のエースらしさを垣間みることが出来ました。

先週のリーグ戦、うちのチームは8-1で勝ちました。
勝利ポイントが2ポイントついてますので、試合自体は7ゲームやって6勝1敗という結果でした。
試合途中、全勝ペースでしたので1年ぶりの9-0勝利か!と思われた矢先。
シングルスでゲームを落としてしまったのが彼でした。
責任感の強い彼のことですから、かなり気にして凹んでるわけです。
いつものことなんですが、そういう時自分はハルをとことんイジメます w
あれ?今日誰か負けたっけ? あれ? 誰この「1」って数字?
こんな感じです。

そして1週間経って迎えた昨晩のリーグ戦。
首位攻防戦となる大事な試合でした。
試合が始まってハルの出番が来ました。
最初のスローみてビックリしたんです。
しっかり投げ込んで調整してきたのがわかるほどの素晴らしいダーツ投げてるんです。
なんだろう、自分のダーツを信じてなげてた。
そしてすぐにその結果が、、、ダブルスでTON80炸裂!!
彼ならバンバン出ておかしくないんですが、実はこれが彼の初トンパチ!
不思議と1年半のリーグでどーしても出せなかったTON80だったんです。
プレイオフでは出てたんですけどね、レギュラーシーズンでは初!!
いやー、クールに決めてましたけど、心の中ではジャンプして大はしゃぎしていたと思われます。
結局そのダブルスはペアのCharがきれいにダブルを決めて18ダーツで勝利。
そしてシングルスではあっさり1レグ先取して、2レグ目は110点のハイオフを18ダーツで決めての完勝!
今日の彼は言う事なし!完璧でした w
前週のあの負けを払拭する内容で名誉挽回、さすがエース!

たぶんこの1週間悔しい想いを胸に頑張って投げ込んだんだと思います。
ハルってそういう奴なんです。
エースとして扱われ辛いことも彼なりにたくさんあると思います。
それでもね、やっぱり彼のストイックさ、チームへの想いは間違いなくエース級だと思います。
他のメンバーもエースの座を狙ってがんばってます。
自分もキャプテンでエース、しかも4番! を目指してます w
ハルもエースは譲らないとさらにストイックに練習!
こうしてHi-5というチームはお互いに刺激を受けながらメンバー各々が切磋琢磨しております。

チームキャプテンとしてそんなハルへの期待をフライトに込めました。
たぶん写真じゃわからないけど、小さい文字で書き入れました。

ハル、今日のトンパチは最高だったぜ!
ナイスダーツ!

最後はハルの写真を集めた1枚。
普段、写真で絶対笑わない彼ですが、昨晩は奇跡的に少し微笑んでおりました。
初めてですよ、そんなの。
頑張りが報われて自然と出た表情だったんでしょうね。
さてここで問題!昨晩のハルはどれでしょう?
Untitled

Hi-5には他にもスペシャルなメンバーがたくさんいます。

■Hi-5 TDO今期登録メンバー
Fuuu (藤村 文彦)
93 (安田 久美)
ハル (戸田 大晴)
Char (小久保 文貴)
マーチン (両角 昌彦)
ANNA (西 安奈)
ひらぼぅ (平野謙一郎)
ドリー (進藤裕一郎)

間違いなく言えるのは全員かなりのダーツ馬鹿ってこと。
機会を見てちょっとずつメンバーの紹介していきやしょー。

ではでは。

満腹なのに

今日は朝から約束があったのに寝坊。
でも結果的に寝坊して正解でした。
意味不明ですね。

さて夜は週一度のお楽しみ。
そうです、ハードダーツのリーグでした。
これだけの為に生きていると言っても過言ではないくらい楽しみにしております。
285949443932
試合会場はホームベニューのスターリィアイ。

※ ホームベニュー = チームが拠点とする店のことっす

今日うちのチームはメンバー6名。
今シーズンは出席率がいいのでデフォルトの心配ゼロ。

※デフォルト = ダーツでは棄権を意味するっす
TDOリーグ戦は4人集めないとデフォルトっす
(細かく言うと3人いればなんとか試合はできるんすけどね)

試合結果は8-1で勝利いたしました。
これで首位キープ。
先週落としたガロンですが、今週はきっちり取りました。
しかも41ダーツというなかなかの数字でした。

※ガロン = 4人でやるゲームのことっす

285942015428
2番手、3番手が共にAve.108を叩いてくれました。
チームレコードの38ダーツも今シーズンは更新できるかもしれません。
うちのチームはこのガロンに命かけております(自分だけか??)
シングルスで勝つよりも、ガロンを勝ちたい!
やっぱりリーグはチームワークで勝ちたいですからね。

試合後はメンバーほぼ全員でまぐろラーメンへ。
自分はなぜか満腹なのにもかかわらず、果敢にも醤油ラーメン大盛り!
完全に間違ってます。
満腹中枢こわれてるんでしょうか。
滅多に大盛りなんかにしないのに、、、
しかも体調まだ悪いのに、、、
285942015520
まぁ、もちろんペロリ。
それでは最後に一句。

腹いっぱい
それでも食べちゃう
まぐろかな

ではでは。

酒 反省。

今から48時間ぐらい前です。
リーグ前に呑んで、リーグ中に呑んで、リーグ後にも呑みました。
リーグ後がヤバかった。
カチカチのお茶割りだと思うけど、呑みまくった。
話によると30杯ちかく呑んでたらしい。
もちろん、まったく記憶はありません。

翌日。
意識が戻ると同時にリバーーーーーーーーース!
どんだけリバースしたか、、、
分かりやすい写真を。
59416898770dfb4d904a8ca630c6e8d3
こんな感じです。
ほとんど何も食ず飲んだので、ほぼ水みたいな感じ。
ドバーっです、しかもロングタイム。

そこから3時間、ずっとリヴァース!!
もう胃液しか出ない。

そして水分ぜんぜん補給してないので、喉カラカラ。
だから水飲むんですけど、胃が何も受付けてくれず、、、
リバーーーーーーーーーーース!
59416898770dfb4d904a8ca630c6e8d3

それでも喉カラカラなので何として水分を補給しようとするのですが、
まったく胃に入りません。

初めて知ったのですが体から水分が抜けてくるとですね、
体じゅうの筋肉がつります。
動くたびにふくらはぎ、足のうらがつるんです。
地獄。

そして格闘すること8時間。
ようやく水を飲んでリバースしなくなりました。
しそうになるんですが、こらえます。

結局、終日パーです。
1日死んでました。

そして昨日。
朝起きて、、、
またもやリバース!!
59416898770dfb4d904a8ca630c6e8d3
まだ胃が言う事きいてくれません。
痙攣してるみたいな感じ。

そして尿が赤い。
血の色とかじゃなく、なんか茶色っぽい赤。
もう笑えません。

気合いで仕事へ。

もう無の境地でうどん作りました。

そしてまかないでうどん食べたんですが、、、
やっぱりまだダメでした。

もう48時間も経ってるのに、回復できず。

年齢ですかね。
っていうか飲み過ぎた。
ここまでひどいのは人生初。

まぢで反省しております。

そんなわけで、今月いっぱい禁酒します。
もう見たくもない!!
思い出すだけで気持ち悪くなってくるぅぅぅ。

誰に迷惑をかけたのかもわかりません。
すんませんでした。

もしかしたら急性アル中になってもおかしくない状態だった。
いや、あれは翌日性アル中だったのかもしれん w

話によると酔っぱらって絶好調に呑みまくってるところを、
親切にも動画撮影してくれたみたいなので見せてもらってさらに反省したいと思います。

YouTubeには載せません w

ではでは。



お気に入りブログ

28
今日は自分のお気に入りブログを1つ紹介。
頻繁に更新されるのですが、毎回強烈に笑えるブログです。
まだ若いのにどっからこのセンスは湧き出てくるんだ。
そんな素晴らしい感性を持った彼、ARuFaくん。
※写真は彼のブログからの転載、目線はもともと入ってます w
彼の飛び抜けたセンスをぜひお楽しみください。

ただ注意があります。
電車とか会社とかで読まない方がいいと思います。
絶対危険。
もうね、ヤヴァイから。
面白すぎて w

最近、あまり大声で笑うことが少ないんですけど
部屋で彼のブログを読んだ時だけは声をあげて笑ってます。

騙されたと思ってどうぞ。
どのエントリー読んでも必ず笑えます w

http://d.hatena.ne.jp/Arufa/

ではでは。

基本を思い出せ!!

IMG_0019
ダーツに限らず競技で強くなる為にはいろいろな技術を身につけることは大切です
でも忘れちゃいけないのが基本動作。
基本が出来てはじめて様々な技術を習得できるんだと思います。

先日のリーグ今期開幕戦。
試合終了後にメンバー数人からいくつかのアドバイスを受けました。
みんなそれぞれ違う点を指摘してくれました。
自分が信頼していて、見抜く力のある人たちでしたのですんなり聞く事ができました。
しかもどのアドバイスも目から鱗。
みんなよく見てるなぁって関心しちゃいました。

翌日から指摘されたことを修正しようと練習開始。
ところが2日間夢中で練習してたら気づいたんです。
あれ?これって自分がハードダーツを初めた3年前に教わったことじゃんって。
新高円寺のホットスペースの門を叩き、雨宮さんに教えを乞うた時に指導されたこと、そのまんまでした。

雨宮さんは自分のダーツをみて、修正すべき点をいくつかの段階ごと分けて指導してくれました。
その最初の段階で教わったのが「スローイングの為の基本動作」でした。
まずはスタンス、これは何度も何度も徹底的に直された w
次にリズムと力加減を一定にすること。
3本のスローすべて同じリズム、同じ力加減、同じタイミングで投げるっていう当たり前のことができてませんでした。
次は全体の力の使い方。
とくに自分は投げるときに力が前方ではなく、上に抜けてしまうクセがあることを指摘してくれました。
最終段階では「ぶっ壊れるだろうから、試合の無い時期に」ってことでオフシーズンにグリップ修正。
4本持ちから2本持ちにしました w
この2本持ちの変更で言われたとおり1年間ぶっ壊れました。

そしてここ数年。
いろーーーーんなことを試行錯誤しているうちに、
雨宮さんに教わった基本動作がどこかへ行ってしまってたようです。
出来ていると錯覚していたのか、忘れていたのか、、、

ところが偶然にもチームメンバーの指摘が以前雨宮さんに教わったことと同じことだったんです。
その時は気づかなかったけど、練習してたら気づいたんです。
グリップも今年に入って4本にしてたんですけど、基本動作を丁寧に修正して戻していったら自然とグリップも2本持ちになりました。
やっぱりなんだかんだ言っても、難しい技術うんぬんではなく、
基本的なことがとても大事であることを痛感しました。

スタンス。
リズム。
一定の力加減。

これだけ。
最近、難しいこと考えすぎてたかもしれない。
思い出させてくれたメンバーに感謝。
そしてハードを始めたときに、なんでもないようで実はとても大事なことを、
教えてくれたホットスペースの雨宮さんに改めて感謝なのでした。

IMG_0020
雨さんに会いにいかなきゃな。

さあ、基本をしっかりおさらいだ!
これでまたモチベーション上がっちゃうな。

ではでは。

PDCプレミアリーグ

00
最近はFacebookばっかりであんまりブログ書いてないですね。
長年こっちを見ていくれて人には申し訳ないんです w

Facebookの方ではよく紹介してるPDCのまとめ動画。
PDCって世界トップのハードダーツ団体です。
その試合映像を編集してまとめるってマニアなことをしてます。
いろいろ勉強になるので、ハードチームのみんなに見てもらいたいっていうのがきっかけ。
でもハードチームの人はあんまり見てないと思う w

今回はPDCプレミアリーグ最新の第8週5試合のまとめ動画作りました。

http://youtu.be/HubXFdWO6U0
プレミアリーグは毎年2月から5月にかけて毎週木曜日にイギリスのいろいろな会場で全14週行われます。
そして最終週に上位4名によってプレイオフが行われ優勝が決まります。

賞金総額は日本円で約5,800万円。
ダーツ全試合中、年末のPDCワールドダーツチャンピオンシップに次いで2番目にデカいそうです。
ちなみに優勝は1,750万円!!っす!
やっぱりダーツやるならPDC目指さないとでしょ。

そしてハイオフ賞金が毎週設定されています。
5試合のうち一番大きい数字を上がったプレイヤーに1000ポンド、
日本円で15万円弱のボーナスが出ます。
今回はたぶんソーントンの157アウトだと思います。

プレミアリーグはまだ7週あるので、今年は終わるまで毎週まとめ動画作ろうと思います。
ほかにもいくつかPDCの動画あげてあるのでハードダーツ好きな方は
自分のYoutubeアカウント(dolly1129)をチェックしてください。
くだらない動画もたくさん混ざってますけどね w

ではでは。
  



    スティールダーツ考察まとめ


    日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

    ギャラリー
    • 世界の舞台で活躍した日本人
    • 世界の舞台で活躍した日本人
    • 世界の舞台で活躍した日本人
    • 世界の舞台で活躍した日本人
    • 世界の舞台で活躍した日本人
    • Leighton Rees