ドリー・ファンク・ラブ

ドリー・ファンク・ラブ

自称日本一のスティールダーツマニアによるスティールダーツが180パーセント面白くなるブログ

2017年03月

NDL84号 寄稿しました

IMG_8312
本日発売なのかな。
NEW DARTS LIFE 最新号。
記事を2つ寄稿しています。

本来は予定していなかったのですが急な依頼があり、大慌てで書きました。
「フィル・テイラーの引退に関して」というとてつもなくハードルの高いテーマを2日間で書いてという結構無茶な依頼 w

ドリー 「なんで自分なんですか?」
NDL編集長「ほかに誰も書く人がいない」
ドリー 「そんな重いテーマを2日で書くのはちょっと、、」
NDL編集長「大丈夫だよ」
ドリー 「確定申告があるので、今回はお断りさせて、、、」
NDL編集長「じゃあ 一週間後でいいです」

こんな流れでフィルの引退について記事を書く羽目に。
しかし、自分がフィルのことを書くなんておこがましすぎる。
何を書いていいかわからず、結局手付かずで一週間が経過。

NDLから店に電話!
NDL編集長「こんにちは、書けましたか?」
ドリー  「実はまったく手をつけてません 汗」
NDL編集長「そうですか、ではもう1つ記事書いてください」
ドリー  「もしかして、、、アニーの?」
NDL編集長「話が早い、ぜひ書いてもらいたいです」
ドリー  「なんで自分なんですか、他にいい人がいると思いますけど」
NDL編集長「急だったからね、、、 明日までに2つとも頼むね」
ガチャ・・・・

フィルの記事でさえまだ手をつけてないのに、もう1つ記事を追加とか w
そして締切は明日だなんて、自分普通にドリズ営業なんですけど、、

そして何よりも、まだ自分にはアニーのショックが大きく残っている状態でしたので、
アニーの追悼記事を書くのはとても辛かったです。



どちらの記事も自分しか書けない、自分らしいものにしようと思って書きました。
アニーに関しては自分がD-CROWNプロだった頃のアニーを主に書きました。
そしてやっぱり自分はスティール寄りの人間ですのでPDC絡みのことも。
たぶん次号でアニーの特集はあると思います。
今回は締切直前だったので、自分が書かせていただきました。

フィルの記事も自分の目線で好きなように書かせていただきました。
それなりに楽しんでいただける記事になったんじゃないかと。
どうだろ。

しかしながらNDLの原稿依頼はいつも急すぎるし、締切直前すぎです w
おかげで執筆能力は少しずつ上がってますけどね。

NDL84号 ぜひご購入のうえ自分が寄稿した記事にも目を通していただければ嬉しいです。

ではでは。

ドリズTシャツ 2017年版

ドリズ2017-2
ドリズ2017-1

4月1日 午前3時
注文受付は終了させていただきました。
たくさんのご注文ありがとうございました!



お待たせしました、前回の販売から1年半、、
ドリズTシャツ再販します(予約販売のみ)
デザインのベースは前回とほぼ一緒ですが、ちょっとだけ変えてます(フェーズ3ですね)
そしてなんと今回はTシャツだけじゃなく、ポロシャツも販売します!!
ポロシャツは黒のみ、Tシャツは全19色からお選びいただけます
(サイズは図を参照ください)
ドリズ2017−3

5001_04

Tシャツ 3,500円(税込)
ポロシャツ 4,000円(税込)

遠方のかたで欲しいという声が多いので今回は頑張って発送も承ります。
送料と作業費で1,000円いただきます(北海道・沖縄・離島は1,200円)
発送希望の方は代金は銀行振込とさせていただきます。
店舗受取の方は現物と引換えとなります。


注文は管理が大変なのでメールのみでの受付とさせていただきます。
コメント、メッセンジャー、LINEでの受付はできません。

order@dolliscafe.com
上記アドレスに以下の項目を記入して送信してください
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・名前
・Tシャツ or ポロシャツ
・色、サイズ、枚数(ポロは黒のみ)
・店舗受渡 or 発送希望
発送の場合は発送先情報(郵便番号、住所、電話番号)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ご注文メールはこちら

注文の確認メールは28日以降に随時返信させていただきます。
発送の方はその時に入金口座のご連絡させていただきます。

注文受付期間 2017年3月末までとさせていただきます。
これを逃すとまたしばらく販売はありませんのでぜひこの機会をお見逃しなく。


4月1日 午前3時
注文受付は終了させていただきました。
たくさんのご注文ありがとうございました!




ではでは。

表抜きから裏抜きへ

PDJファイナルに出場経験もある大久保健。
以前から彼はリリースが表抜きであることに悩んでいました。
なんとか裏抜きリリースにしようと努力するも、表抜きリリースしかできない。
リリースは裏抜きがいい、表抜きはダメという話しは置いといて、とにかく裏抜きがしたかったんですね。
11
大久保はメンタルやスポーツ関係の本を読んだり、映像を見たりと見かけによらず勉強家です。
ダーツに関してもストイックで練習量もさることながら、とにかく日々スローイング技術の研究もおこたらない頑張り屋で真面目なヤツです。

そんな大久保でも裏抜きだけはどうしてもできなかった。
そしたら1年ぐらい前に「こうなったら世界一の表抜きになるわ」と宣言。
裏抜きに憧れる表抜きナンバーワンを目指しました。

ところが、、、
今年に入って大久保のスローが激変!
とてもスローが柔らかくなったんです。
コッキングを上手に使うようになり、リリースがまろやかになりました。
以前よりカラダも突っ込まなくなってた。
32
「ドリーさん、ボク裏抜きできるようになったんですよ」
その言葉を聞いても実際に見るまでは信じませんでした。
大久保のスローを見ました。

なんとびっくりするぐらい綺麗な裏抜きリリースではありませんか!
そして見事な矢先を上げた放物線を描いてボードに刺さってました。

表抜きから裏抜きへ!

大久保やりました。
それにしても、どうやって変えたのか?
あれだけ頑張ってもできなかったのに、、

表抜きしかできなくて困っている人に何かしらのヒントになればと、
大久保健がその変化の秘密を教えてくれましたので動画にしました。



裏抜きがしたいという人は参考にしてみてください。
それにしても諦めてたのに、よくできるようになったなあ。
いまの彼のスローとても良いです。

健、どうもありがとう!

ではでは。
  



    スティールダーツ考察まとめ


    日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

    ギャラリー
    • TARGET GRIPSTYLE
    • TARGET GRIPSTYLE
    • TARGET GRIPSTYLE
    • TARGET GRIPSTYLE
    • TARGET GRIPSTYLE
    • TARGET GRIPSTYLE